任意売却=差押えと勘違いしている人が多い。

不動産業者に仲介に入ってもらって、所有する物件の不動産査定をしてもらったり売却価格(販売価格)を決めてもらったりするのは、一般的な不動産売買では常識的なことです。

ここまでの状態が整ってから内覧会を計画し、購入を希望するお客さんに来てもらって室内や外回りを見学してもらうという手はずになります。

これは任意売却でも同じことで、何らかの事情で住宅ローンが払えなくなったときに、このような手段を講じます。

住宅ローンの融資元である銀行と借り手である担保物件の所有者は、債権者と債務者の関係ですが、別に敵対関係に陥ってしまったわけではありません。

ところが「任意売却=金融機関との対立=闘争」というように勘違いして、「どうせそうなるなら競売でもいいや」と一人相撲を取ってしまう人がいます。

お恥ずかしい話ですが、宮城県仙台市に暮らす私の弟がそのパターンでした。

ローン融資先の銀行から、任意売却という言葉を聞いただけで家を差し押さえられると思い込んで、ただ悩んで怯えて暮らすような毎日を送っていたと言います。

しかも任意売却や競売の意味を理解していなかったばかりではなく、法律事務所に行って弁護士に相談することも、無料相談があることさえも知らなかったと後になって白状していました。

住宅売却にはいくつかの方法があって、そこに至る経緯もさまざまですが、任意売却は適法であって、乗っ取りや差押えなどとは違う正規の手続きです。

しかし弟が住む宮城の弁護士さんに行ったとき、弁護士さんは、「実はそのように勘違いされている方が多く、それで任売から競売という事態にまでこじらせてしまうケースがけっこうあります」と教えてくれました。

任意売却は決して怖い取り引きではないのでご安心ください。

参考ページ・・>[住宅ローンの支払いが限界に! そんな時どうすればいい?

Comments are closed.