「頭金50万円」は無理がある。

夢を砕くような言い方になるかも知れませんが、いまマイホームを購入しようとしている人の中に、頭金50万円程度で住宅ローンを組んで、それでとりあえずスタートしてみようとしている人はいませんか。

はっきり申し上げておきますが、そういう人の破綻率は90%以上といっても過言ではありません。

いますぐに考え直して、マイホームの購入を先送りすべきです。

金融機関の常識では、頭金は最低でも住宅ローン借入総額の10%です。

3000万円の家なら300万円以上、4000万円の物件なら最低400万円の頭金は用意しましょう。

この時代は終身雇用制が終わりを告げて、大企業といえども大規模なリストラなしに生き残っていくのは不可能な時代です。

そんな時代に最長35年の住宅ローンを平気で組ませる金融機関にも、また国の政策にも問題があります。

しかし、将来に対してそれほどの見通しがないのに「35年は安泰だ」と思い込んでしまう不動産購入者にも、“一歩踏み込んだリスクの先読み能力”が問われています。

住宅取得の初年度には、都民税・区民税、市民税・府民税などの地方税が驚くほど跳ね上がり、自営業の人であれば国民健康保険の納付額も激増します。

固定資産税もあります。

そうしたことは想定済みですか。

早い人ではこうしたことが重荷になり、初年度化から住宅ローンの滞納がはじまり、1年も経たずして任意売却や競売といった悲惨なめにあいます。

銀行がやさしく住宅ローンを組ませてくれたといっても所詮は債務者と債権者ですから、担保物件である以上、いずれは担保権を行使して任売だ、競売だという話になります。

任売とは任意売却のことで、所有不動産を売却して残債務を支払うことです。

競売とは強制執行と同じようなもので、安値で売却決定がなされ、残ったローンの残債は、家を失っても物件のもともとの購入者が払いつづけることになります。

驚かすつもりはありませんが、私は宮城県仙台市の出身で、ご紹介したような最悪の思考で最悪のコースをたどり、マイホームをなくしました。

そして住む家もないのに、月々3万円の住宅ローン残債を支払っています。

同じ宮城に住む友人も頭金100万円で、そうなりました。

このようにならない唯一の解決策は、資金も見通しもないのに、安易に住宅を取得しないことです。

ご紹介=≫[仙台で任意売却の相談なら